クラウドソージング(ランサーズ)を利用してライター未経験の私が1ヶ月で本業をしながらいくら稼げるか検証してみた。

Pocket

スポンサーリンク



クラウドソージングが出てきた当初は聞き慣れない言葉でしたが、今ではすっかりおなじみになったのではないでしょうか?クラウドソージングについて、これまでクリエイターやエンジニアの友人と数々の論議をかわしてきました。人それぞれ賛否両論ありますが、今回はライター未経験の私が1ヶ月本業をしながらいくら稼げたかをまとめたいと思います。

 

〜今回お話する目次〜

  • そもそもなんでクラウドソージングをはじめようと思ったか
  • クラウドソージングは儲からない?
  • 稼ぎたくば「コンペ」は選ぶな
  • お待ちかね1月の振込金額

 

そもそもなんでクラウドソージングをはじめようと思ったか

私が利用しているクラウドソージングのサイトは、主にランサーズを利用させていただいております。始めたのは2013年。今から約3年前に、どこかのWEBサイトに貼り付けてあった広告から存在を知り興味を持ちました。その当初の本業は、県の仕事を委託して観光関係の販促物をデザインする仕事をしていて、お給料も今の2倍貰っており良い生活をしていました。ですが、県相手のお仕事ですから担当者の方がOKでも、その方の上司がうんと言わねばアイデアが通らないといった体制で、日々悶々としていました。そんな中見つけたランサーズでは、クライアントが出している仕事にランサーが自由に自分のデザインを提案していくといった形でした。クライアントが気に入ったものを選んで報酬を支払うといった形です。(選ばれるかどうかはわからないんですけどね。こちらも同じなんですが・・・)とりあえず力試しでやってみようと、参加した初コンペで初入賞してしまい、選ばれたことが面白くて今も続けている感じです。ところが、ここからが大変でございました・・・・。

 

 

 

クラウドソージングは儲からない?

私は本業がグラフィックデザイナーですので、デザイン関係の仕事ばかりを選りすぐって参加しておりました。ランサーズには大きく分けて「コンペ方式」「プロジェクト方式」といった2種類の応募形態があります(事務系の仕事だと「タスク」というのもあります)コンペ方式はクライアントが出した課題に対してランサー(私の場合はデザイナー)が個々の制作物を提案していき、クライアントがその中から好きな物を選んで報酬を支払うといった形です。プロジェクト方式はクライアントが課題を出すまでは一緒なのですが、その課題に対しランサーが自分の技術力をプレゼンします。主に自分の経歴やポートフォリオ(作品集)などを見せて、クライアントが仕事をお願いしたい人を選ぶといった形です。私が最初に挑戦した形式はコンペ方式で、最初に簡単に当選してしまったものですから、「コンペ方式じゃないと儲からない」といった固定観念が儲けることを難しくしていたように感じます。

コンペ方式は選ばれなければ儲かりません。

いくら時間をかけてクライアントのためにデザインを作っても、選ばれなければ収入0円なのです。当たり前ですが。そもそもデザイン費自体もそう高くありません。広告制作が1件5万とか、うちのデザイン事務所だったら15万だぞ!みたいな案件がたくさん・・・。最初はちょこちょこデザインの提案をしていたのですが、作っても作っても選ばれない時期が続き、クラウドソージングは儲からないからしんどい、疲れちゃったからや〜めたっとなってしまいました。

 

 

 

稼ぎたくば「コンペ」は選ぶな

そんなクラウドソージングは儲からへんからやらへ〜んと1年以上やってなかったのですが、転職し入社した会社の給料が超絶少ない上、毎日7時30分出勤の23時帰りという大貧民生活を送ることとなりました。生活できない!やばい!

そんな時に年上のクリエイター仲間がご飯をご馳走してくれたり、私でもできそうな仕事を振ってくれたり、勉強になりそうなイベントを手伝うかわりにタダで視聴させていただいたりたくさんの方にお世話になりました。お世話になっているばかりではあかんと、またランサーズでコツコツ仕事を始めました。ですが、相変わらずコンペ形式でしか応募していないので儲からず、悲しい結果に終わることが度々・・・・。そんな中YOUTUBEで普通の主婦が月々50万儲けてます!ランサーズで!という動画を発見。これは!?と思いました。

その主婦の方は主にネットの記事を書くライティングの仕事で月々コンスタントに稼いでいるというお話でした。私も別に文章を書くことは嫌いじゃないし、ちょっと試しにと見てみたランサーズのライター募集欄。ライティングの仕事は、続けて同じ人に記事を書いてもらうことが多いみたいで、プロジェクト方式での募集がほとんどでした。プロジェクト方式でやったことないし、なんかプロジェクトというと壮大なイメージがあってやりにくいな〜という印象でなんとなく敬遠していたのですが、いざ応募してみると大したことはありませんでした。私が主に書かせていただいている記事は女性の恋愛観や人の特徴をまとめたものが多いです。最初の案件はテストで、芸能人のまとめを書かせていただくことになりました。初めてのライティングでしたが、クライアントの方が私のことを褒めてノせるのが大変お上手でして、すっかりその気になってしまいました(笑)それからというもの、その次の週も、そのまた次も毎週3記事ほど書かせていただいております。するとクラウドソージングに支払う紹介手数料2割を除いて、毎週5000円程度の収入を得ることができるようになってきました。つまり

クラウドソージングで稼ぎたければコンペじゃなくてプロジェクトが良いよ!

ということが私は言いたい!ちなみにタスクはやったことがないのですが、おそらく簡単な事務仕事をやったらそれで終わりといった感じっぽいです。単価も安いし継続もなさそうなので、タスクで稼ぐのも大変そう・・・。(わかんないけど)

お待ちかね1月の振込金額

http://yamadastationery.jp/小さな給料袋-振込用給料袋_mini給料袋_日本法令/p/10002978/

 

 

いろいろごちゃごちゃ言いましたが、じゃあ1月はどんだけ儲かったんかい?というお話です。

 

1月は前半戦先方のシステムエラーで仕事ができず、後半から取り組みました。計6本書きましたところ、¥9,600の報酬となりました。

2月は¥15,000を越えられるように頑張りたいと思います!

 

 

スポンサーリンク


About