突然会社辞めてフリーランスになることにした。

Pocket

スポンサーリンク



こんにちは。10月1日付けで開業届けを出してきました青野です。

9月末に勤めていた会社を退職し、学生時からずっと目標(?)にしてきたフリーランスのデザイナー(ライティングもやってる)になることにしました。

フリーになりたかったけど勉強と思い6年会社勤め。誰かに相談すると「経験ないからフリーなんてやめとけ」とか「子育てしながらフリーで働くなんて無理だから、子育て舐めんな」とか色んなこと言われました。多分その人たちが言ってくれたことは本当なんだと思う。

でも、やりたいんだからしょうがないです。不倫はダメだけど不倫相手のこと好きになったらどうしようもない的なあれと一緒です。

そこで、今日はフリーランスを志したきっかけから、開業手続きが思いの外簡単すぎて拍子抜けしたこと、これから済まさねばならぬ課題や手続きを、まとめておこうと思います。

 

祖父も父もフリーランス。フリーになるのが当たり前で育った

我が家は祖父が家具の職人、父がエンジニアで、二人とも個人事業主です。いつも家に父がいるのが当たり前。普通のお父さんが外で仕事して帰って来てる中、うちの父だけが短パンとTシャツでいつも家にいるので、友達はきっとうちの父のことをニートだと思っていたに違いないです。

しかし私は父の背中を見て育ったので、家で仕事をするということに抵抗はありませんでしたし、よく家にお客さんが来てたのも自然でした。仕事がない時、貧乏な思いをしたこともありました。(父は決して営業活動しなかったけど…)

当然のことながら、大学に進学する時に父から「Webデザイナーになる勉強をしておけば、いずれフリーランスになれるよ!」とアドバイスされ、鵜呑みにしたJK青野は、美術系の大学に進学しました。

そこからずっと私のフリーになりたい病が始まるわけです。

 

 

やったらやった分だけ稼げることが面白い

はじめは父に言われて納得したからフリーランスを目指すようになったのですが、実際副業で仕事をやってみた時から、フリーランスで仕事するということは自分が作ったものに対してお金をもらえるということに面白さを感じるようになりました。

会社員だと月給制なので、自分が今やっている仕事の単価がいくらだとかあまり意識しませんよね。この案件がなんぼっていうのはあるでしょうが、案件のお金=自分のお給料ってわけじゃないですし。

私は数年前からランサーズやクラウドワークスに登録し、刹那的に仕事を受けていた時期がありました。この案件が1本いくらといった形で仕事が掲載されているので、一つ納品して行くたびにお金がなんぼ儲かった!と計算するのがとても楽しかった記憶があります。

このようにフリーランス疑似体験によりますますフリーランスになりたい気持ちが募っていくばかりでした。

 

 

空いた時間で家事ができる素晴らしさ

実際、先月の中旬から10日間の有休消化に入ったのですが、この自由に仕事したり家事したりできる感じがとても良いです。

洗濯機を回しながらロゴの修正をして、洗濯物干したら記事作成して、お昼は自分が好きなものを作れるし、コーヒーは飲み放題、空いた時間に家事できるので部屋が散らからずストレスが溜まりません。

今はそんなに忙しくないからできるのかもですが。。。

とにかく自分で好きにスケジューリングできるというところにとても合理性を感じるし、自発的に仕事している感じがとても良いです。

 

心配なのはいくら稼げるか

フリーランスになると稼ぎにばらつきがあります。うちの実家は収入の波に大変苦労しました。そのイメージからフリーランスは稼げないのでは?と少々心配になります。

ただ周りのフリーで働く友人たちは、優秀なのもあるのでしょうが、バリバリ仕事をやってるし貧困そうな感じはしないのでうちの親だけかとも思うのですが・・・。

これからは毎日自分で帳簿をつけねばなりませんので、管理できるように頑張ります。

 

経験の有無は見方によるのでは?

ずっと自分には経験がないから、技術がまだまだだからとフリーになることを足踏みしていました。めちゃくちゃ厳しかったけどデザイン事務所にも勤めて、お菓子のパッケージ会社でデザインもやってみたけど、なんせジョブホッパーで仕事が続かないものですからマスターには程遠い状況です。

今でも自分に技術があるかといえば、まだまだだと思います。でもとりあえずまだ20代だから、これから学んで伸びて行くこともできるだろうとも思います。

とりあえずやりながら学ぶ。そうじゃないと一生フリーランスになれないと思いました。多分有名なデザイナーになれる人や、世間に認められるようなエライ人は、今の自分のキャリアにふんぞり返らずにずっと勉強しているはず。私も日々学ばねば。

 

早速開業手続きに行ってきた

そういうわけで、憧れの個人事業主になるべく開業届を出しに行ってまいりました。

開業届と一緒に青色申告承認申請書も提出しました。フォーマットは国税庁のホームページからダウンロードできます。https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

私は今年の確定申告についても聞きたかったので税務署に直接行って用紙をいただきました。税務署で開業届を記入する場合は、

  • 印鑑
  • マイナンバーカード(カードがない人は通知書)
  • 運転免許書(マイナンバー通知書を持ってきた人)

の2つ及び3つが必要になってきますので、必ず準備をしてください。

ちなみに確定申告の件ですが、私は途中から個人事業主へと変わることになったのでその場合はどうしたら良いのかといったことを質問しました。

9月まで会社勤めをしていたので、今年の1月から9月まで勤めた会社の源泉徴収票と10月から12月の決算書を合計したもので確定申告するようになるようです。

なるほど、もっと勉強せねばです。

 

 

年金と健康保険の手続きをせねば

今まで会社がやってくれていた年金や健康保険の手続きをやらねばと思っております。年金は厚生年金から国民年金へ、健康保険は国民健康保険へ切り替えます。

申請は退職してから14日以内に行わなければなりませんので、早めに市役所へ行かないといけませんね。

国民健康保険は転職期間中に支払ったことがあるのですが、結構高かったイメージがあります。いくら請求されるのかが怖いところですね・・・。後で計算方法も調べておこう。

 

まとめ

今回、ご報告ブログとなってしまいましたが、ひとまず10月1日から念願のフリーランスデビューです。今のところは優しい友人たちから頂いたお仕事をさせて頂いたり、クラウドソーシングで見つけてきたライティングの仕事をコツコツやっている状況です。

今月どれだけの売り上げになるんだろう?楽しみ90%不安10%のスタートです。また随時報告します!

スポンサーリンク


About