結婚を前提に同棲する際に気をつけたい5つのこと

Pocket

スポンサーリンク

この間元職場の友人を食事をする機会があり、その時友人から「私彼氏と結婚前提に同棲することにしたんです!」と報告されました!

うお〜!本当におめでとう!という嬉しい気持ちになりました。

ですが私自身同棲を経て結婚をした為、その際に色々と不安になる事がありました。実際に結婚を前提に同棲してみて、もっとこうするべきだったこうしたらマリッジブルーにならなかったと思う部分がありましたので、私と同じように結婚前同棲をする人の参考になればと思いこの記事を書きます。

 

1:お互いの両親に了解を得る

結婚前提なら、親の了承を得て同棲をした方が親に対して誠意を見せることができるでしょう。私たちもお互いの両親に挨拶に行きました。

同棲すると負担が増えるのは女性の方です。彼が養ってくれるなら話は別ですが、多くの女性が働きながら掃除・洗濯・食事の準備まで今までの2倍の仕事が増えてしまう事がほとんどではないでしょうか。

他の女友達に聞いても、「結婚前に同棲して失敗したら?」と女側の両親には心配され反対される割合は高いようです。

親に安心させて同棲したほうが結婚に賛成してもらいやすいですし、彼にもより結婚を意識してもらえます。なので両親の了承を得ることはおすすめです!

 

2:同棲は期間を設けるのではなく先に入籍日を決める

実際に婚前同棲をする前に失敗したことはいつまで同棲し、いつ結婚するかというのを「期間」で決めてしまったことです。

当初、同棲開始から6ヶ月で入籍するかどうか決めると約束の上同棲をはじめました。3月1日から同棲を始めたので、8月には結婚するかどうか決め、遅くとも9月には入籍するだろうと考えていました。

ところが8月になろうとも9月になろうとも一向に入籍の話が出ない。。。女性側からしたら相当不安です。女性側の両親からは「いつ入籍するの?」と迫られます。本当にこの人は結婚する気があるんだろうか?一生同棲のままで終わってしまうのでは?と数々の不安にかられました。

そうなると彼のちょっとしたことで(例えば靴下を脱ぎっぱなしにするとか、くしゃみの音がデカイとか)イライライライラし出します。たぶん私はいわゆるマリッジブルーだったんだろうな〜と思います。

そこでそうならないためにも、同棲は期間を設けるのではなく、同棲する前にいつ結婚するか入籍日を決めてしまうことをおすすめします。

入籍日はお互いの両親にも知らせておくと、両方の母親が気にして連絡してくれるので彼にもより意識させることができるでしょう。

 

3:我慢せず素直に質問してみる

私のように入籍日を決めずに同棲を開始してしまい、本当に入籍してくれるのか不安になっている女性にお伝えしたいです。

男性側から結婚に積極的な人は少ないです。男性からいつ入籍するかなど具体的な話をしてくれるのを期待していても結局なにもなくてイライラするだけです。

積極的に決めてくれる人もいるかと思いますが、うちに関しては全く期待できなかったので「いつ入籍するの?」と聞く勇気を持つ事が必要でした。

 

4:プロポーズなるものを期待しない

よくドラマや映画で、綺麗な夜景が見える場所で男性がひざまづき、宝石箱を開けたらダイヤの指輪が〜〜〜〜なんていうのは幻想です。

アメリカのドラマのようなプロポーズをやってるのはどっかのYouTuberくらいだと思った方が幸せです。

うちはプロポースなんてありませんでした。(指輪は買ってくれたので良しとします。それでも言葉が無かったことは一生言ってやるつもりですが笑)
友人達の話を聞いていても、「結婚してください」とすら言われてない人が多いみたいです。

女性としてはせめて言葉だけでも言われたいものですが、逆に言葉を期待して待っていてらいつまでたっても結婚できないというのがオチみたいです。

どっちが良いかですよね、

プロポーズを待っていつまでも結婚できないか

プロポーズなしでも良しとして結婚するか。

 

5:必ず結婚しなければならないものではない

結婚を前提に同棲することを決めて実際に同棲をはじめたとしても、絶対結婚しなければならないものではないと思っておくと楽です。

同棲に失敗しても良いんです。

実際同棲してみて違うと思うことはたくさんあるかと思います。我慢できない程相手の事が嫌なら別れることも有りだとおもいます。結婚したら長いです。離婚する手段もありますが大変です。

ただ長い間同棲して婚期を逃してしまったら損です。早めに見切りをつけるためにも同棲期間を明確に(日にちで)決めておく事が重要になってきます。

 

まとめ

結婚前に同棲することに賛否両論ありますが、きちんとルールを決めて行う分にはおすすめです。結婚前に一緒に住んでみてお互いの生活パターンを把握することで結婚後の生活もイメージすることができます。

家事を手伝ってくれるか、子育てに協力してくれるか、しっかり働いてくれるか。結婚に求める条件は人それぞれです。

上手に同棲をしてお互いのことをよく知り、素敵な結婚生活をスタートさせましょう。

スポンサーリンク


About