若い女性だからこそフリーランスになるべきだ!という話

Pocket

スポンサーリンク

私は大学に入ることから「フリーランスになる!」と断言してこれまで生きてきて、この間やっと念願かなってフリーになりました。

とはいってもまだまだ稼げてないフリーランスですが、フリーはフリーです。

実際フリーになって思いしましたが、私は若い女性こそフリーになるべきだと思いました。今回はその理由をまとめたいと思います。

 

若い女性こそフリーランスになった方が良い理由

女性の人生は仕事だけではないということ

女性の人生は仕事だけではありません。もちろん仕事をバリバリこなすキャリアウーマンという働き方もありますが、反対に家庭に入って子育てをしたり旦那さんを支えたいと思う女性もいるのではないでしょうか?

当たり前だけど男性は子どもを産む事はできませんが、女性にはできます。

今は親に結婚を決められる時代じゃないし、結婚しない生き方を選ぶこともできれば、子どもを産まない生き方もできる。逆に家庭に入って子育てに専念する生き方もできる。そして子育てをしながら自宅で働く生き方だってできるのです。

 

私は女性が、「仕事に専念したいから結婚は諦める」あるいは「結婚して子どもができたから私は仕事を辞めないと」って言ってる女性を見ると「結婚して子どもが出来ても、キャリアを捨てずに生きていけるのでは?」と言いたくなります。

 

それがフリーで働くという選択肢ではないでしょうか。

 

妊娠・出産したあとあなたはどうしますか?

よく女性の中で、「この会社を辞めちゃったら次に雇ってもらえる会社がない」と決めつけている人を見ます。

それはきっと、家庭があることや年齢的なことを考えていってるのだと思いますが、そういう自分に対して後ろ向きな発言をしている女性を見ると残念に思ってしまいます。

キャリアが長ければ長い程、何かしらのノウハウを持っているはずです。

それは経理のこと?

資格取得について?

美容関係のこと?

人によって興味のある分野は違うだろうし、持ってる知識も違うと思います。

知識は誰にも奪われない財産です。

あなたの知識が誰かの役に立つかもしれません。

 

仕事は自分で作れる

これもフリーランスになってから分かった事なのですが、仕事は自分で作れるんです。

会社勤めの頃は、上から降りてきた仕事をこなすというのがほとんどかと思います。

でもフリーなると当然自分で仕事を見つけて来なければなりません。

例えば、小物を作ってそれをネットで売れば小物作りは仕事になります。ブログを書いて稼げるならば、ブログを書く事は仕事になりますよね。

お金を稼ぐ手段はたくさんある。

 

 

まとめ:私は働かない稼ぎ方を実行したい

 

うちにはまだ子どもはいませんが、そのうち欲しいと思っています。

どの子持ちのお友達に聞いても、子どもは産むより育てるほうが大変!といいます。

多分そのとおりなんだと思います。

きっと今以上に時間をとられるだろうし、ひょっとすると仕事どころではないかも・・・今からビビっています。。。

そうなっても一定数お金が入るように、私は所謂不労所得で毎月の食費分くらいを稼ぐことがいまのところの目標です^^

もっと勉強しないとですけどね!

 

ミニサイトをつくって儲ける法

新品価格
¥1,728から
(2018/3/6 14:58時点)

 

スポンサーリンク


About