不眠症再発!どうしてお酒を飲むと眠れなくなるのか調べてみた

Pocket

スポンサーリンク

昨晩は全く眠れませんでした。朝4時くらいに寝付いただろうと思います。

布団の中でなかなか寝付けず何度も起き上がってはノートに悩みを綴ってみたり、トイレに行って見たり・・・。

いや、今までうまく眠れていたのに今日はなぜこんなに眠れないのか!

その原因を洗い出してみました。

 

おそらく原因は食後のビール

食後のコーヒーみたいな勢いでビールとか言ってんなやって声が聞こえる・・・。

他の日と昨日の大きな違いは、ビールを飲んだか飲まないかじゃないかと思います。普段はお酒を飲まないのですが、昨日は主人が「結婚式の準備頑張ってくれてるから」とご褒美にビール(でっかい缶のやつ)を買って来てくれたのです。

 

寝酒って言葉があるくらいだから夜お酒を飲むことは逆に良いのでは?

適量のお酒は血行を良くし、リラックスできるのでおすすめだそうです。

ではなぜお酒が不眠症に良くないとされているのかですが、お酒を分解するために「アセトアルデヒト」と言う物質ができます。この物質は交感神経を刺激するので、安眠の妨げになってしまいます。

このアセトアルデヒトが分解されるまでには約3時間ほどかかるとのこと。

私が昨日飲酒したのはおそらく21時すぎてから22時くらいで、いつも夜眠るのは24時に眠るので、タイミング的にまだ分解されてなかった可能性があります。

 

一番ベストな飲酒タイミングは食事中

不眠症の人に良い飲酒のタイミングは食事中なんだとか。もちろん寝る3時間以上前に食事を取らないといけませんが。

空腹の時に飲酒すると酔いやすいように、胃腸の負担を少なくするためには食事中に飲むのが良いんだとか。お酒の分解を促す食事と共にお酒を楽しみたいですね。

 

ビールは利尿作用がある

ビールには利尿作用があります。よって、寝床についたとしても、トイレに行きたくなって起きてしまう人も多いのでは。

私も昨夜は2度トイレに行きました。

一度目が冴えてしまうと、いろいろ考え事を初めてしまいうまく寝付けなくなってしまいますよね。そうなってしまうと我々入眠困難民はなかなか眠れません。

 

まとめ

ビールの楽しむのは良いけど、なるだけ寝る時間の3時間以上前に食事と共に摂取することがベストのようです。

毎日飲み続けると、お酒に慣れて来てしまい量が増えてきてアルコール中毒になる可能性もあるらしいので、適量を時々というのが良さそうです。

飲み会の時なども、寝る時間から逆算して3時間前くらいから烏龍茶に変更すると酔いすぎず良いお酒を楽しむことができるのではないでしょうか。

お酒の飲み方を心得て不眠症を克服していきたいですね!

スポンサーリンク


About