信用できない人の特徴7選

Pocket

スポンサーリンク

恋愛や仕事において、長くその人と付き合っていきたいなと思う時はやりお互いに信頼関係を築くことは大事なことではないでしょうか。

しかし初対面ではなかなかその人のことを信用できるか分からないもの。

信用できない人に振り回されると、結局自分自身が疲弊してしまいます。

今回は信用できない人、あるいは接する際に要注意な人とはどんなタイプの人なのか、判断材料をまとめたいと思います。

 

信用できない人の特徴7選

1:気分屋でコロコロ意見が変わる

1週間前に聞いたときは自宅に資料を送ってくれと指示されたのに、今日確認するとやはり実家へ送ってくれと指示された。あらためて翌日確認するとやっぱり会社へ送ってくれと指示された!確認する日によって指示がコロコロ変わってしまうなんていう人、あなたの周りにいませんか。

気分でコロコロ意見が変わる人と一緒に仕事していると、日によって指示がちがうものだから混乱を招きミスにも繋がりかねません。

気分屋でプラス感情的な上司であれば、自分の指示の仕方に否があるのに自分の事は棚に上げ部下を責め続けたりなんてことも。

気分屋な人はその時の気分で行動しがちなので、きちんとした「筋」のようなものはなく行動予測をしづらい傾向にあります。

 

できれば関わらないというのが精神衛生上良いですが、仕事となればそうもいきません。

指示の混乱を防ぐためや、気分で怒り出したときに「○月○日の何時にこのような指示を受けました」と言えるよう、口頭でのやりとりは避けメールなど文章で残るようにやりとりをすると良いでしょう。

また指示を受けたら、気分が変わらないうちにすぐに終わらせる迅速対応が肝ですね。

 

2:ドタキャンは当たり前。約束は破るためにあると考えている?

信用できない人は本当に約束を守らない人が多いです。

この日の何時によろしくお願いしますね〜と事前に連絡しておいても、「やっぱり都合が悪くなったから別日にしてください」と約束の日に言われることがあります。連絡が来た頃にはもう出発していて、もう待ち合わせ場所に近い場所にいる!なんてことも。ストレスですね。

まだ連絡がある場合はましですが、連絡がない場合はもっと最悪です。

ドタキャンする人は、ドタキャンするのがクセになっています。

一度ドタキャンする人は2度ドタキャン3度ドタキャンは当たり前。そういう病気なのだと思うしか他ないです。

ドタキャン癖がある人には、できるだけ直接会わず用を済ませる方が疲弊しません。

たとえば電話やスカイプ、Slack等今は会わなくたって打ち合わせする手段はいくらでもあります。電話ならわざわざたくさんの時間を作る必要もないし、スケジュールも組みやすいので、ドタキャンされてもイライラしませんのでおすすめですよ。

 

3:お金や時間にルーズ

最近投資関係の本を読んでいるのですが、ファイナンシャルプランナーに相談しにくるような人でお金にルーズな人は約束の時間に来ないことが多いんだとか。

時間通りに行動しようと思うと、何時に起きて何時に支度して何時に出発すれば丁度良い時間に着くな!と予想する力が必要になります。

つまり計画性があるかどうかという問題です。

時は金なりと言われるように、お金の使い方=時間の使い方であるとも言えるでしょう。

どちらかがルーズな人はどちらもルーズ。

くれぐれもお金をかしたりしないように。時間通りに行動できない人にはわざと集合時間を早い時間に言うとちょうど良いくらいの時間に来てくれますよ。

 

 

4:口を開けば誰かの悪口ばかり

誰に対しても誰かの悪口を言う人は、あなたの悪口も誰にでも言っています。

きっと私の事も悪く言ってるんだろうなと思う人に対して信用なのできるでしょうか?出来るはずがありません。

人は基本自分のことが大事です。

自分のことを思いやってくれる人に対して悪いようにできないですよね。たとえば、社員想いの会社ではなかなか人が辞めないのと同じです。

悪口ばかり言う人は周りを巻き込んで自分の立場が危うくなると「あの人も同じ悪口を言っていた!」と保身に走ることがあります。要注意です!

悪口の話題が出たときは、上手い具合に話題をチェンジすることをおすすめします。相手にされないと分かれば話してきたりしないでしょうから。

 

 

5:秘密を守れない

もうあかんヤツですね。

秘密を守らず誰にでもべらべら機密事項を喋ってしまう人は信用できません。

口が空気より軽い人には、秘密は話さない事が最善策です。

 

6:嘘つきである

これも当然ですけど、嘘ばっかりの人も信用できませんね。

事実でない事ばかり言われては信じられるわけがありません。

なぜ嘘をつくのか。自分が不味い立場に立たされた時、とっさに嘘をついてしまうことってあります。一度嘘を言ってしまうとつじつまを合わせるためずっと嘘をつかねばならなりません。

人を傷つけないための嘘は優しさだけど、自分を守る為の嘘は迷惑。

相手にしないのが一番ですね〜。

 

7:レスポンスが悪い・音信不通になる

仕事していて思いますが、レスポンスが悪い人や音信不通になりがちな人って一緒に仕事していて不安ですよね〜。

気がついたらドロンされてそう・・・。

連絡のタイミングというのは、人それぞれ。

早い人は早いけど、読んだら満足しちゃったって人もいるようです。連絡が欲しい場合は、件名に「要連絡」「早急に対応願います」など文言を添えると良いかもしれません。

 

 

まとめ

この人信用できなさそうだな〜という人付き合いはできるだけ避けたいもの。

精神が疲弊せずにすむよう、人付き合いは選んで行いたいですねー。

 

スポンサーリンク


About