早起きできない主婦でも毎日健康的な朝食と弁当を作る○個のコツ

Pocket

スポンサーリンク

おはようございます。

世界中の主婦のみなさん、早起きしてますか?

 

毎日のハードワーク、ほぼワンオペ状態の家事、そして子どもの世話。

多忙な毎日を送っていると、ついつい疲れが溜まって寝坊してしまい朝ご飯やお弁当が適当になってしまった!なんてこともあるかと思います。

 

ちなみに私、自慢じゃないですが早起きできない人です。

ですが、弁当は必ず持たせていますし、最近は朝起きて健康的な朝食を作れるようになりました。

 

今回は、早起きができない主婦の方でもできる、健康的な朝食と弁当作りのコツ○点をご紹介します。

 

早起きできない主婦でも毎日健康的な朝食と弁当を作る○個のコツ

 

無理に朝起きなくたって良い

世の主婦の中には朝5時に起きて、朝食の準備やお弁当作り、その他家事をしてから会社に行くというスゴいママさんもいます。

 

が、我々朝起きられない主婦勢は朝家事を全部こなそうと思うと、失敗する可能性が高まります。そして失敗すると「ああ、私ってダメな妻(母親)ね」とネガティブモードに入ったりしませんか。

 

朝苦手なら夜頑張れば良いやん。

 

早起きできない理由は人それぞれあります。ものすごく低血圧で朝は本当に調子が悪い人も世の中にはいるし、私のように不眠症に悩まされ夜なかなか寝付けないから朝起きられないという人もいます。

 

そういう方はなにも朝に家事をこなそうと思うのではなく、夜にこなせば良いのです。

 

 

弁当も朝食も前日の段取りが命

朝が苦手な主婦は、夜いかに頑張るかが大事になってきます。

 

弁当は前日につめて冷蔵庫に入れておく

弁当は夕食を作る時にまとめて作ります。

お弁当につめるものは出来るだけ水っぽいものは避け(水っぽいならよく水分をきってから)、仕切りやカップに分けてつめます。これは食品に臭いや味が移らないようにするためです。

朝つめても夜つめても、さほど味にかわりはありません。(独身時代はずっと夜に弁当つめて持って行ってた)

あら熱をとったら冷蔵庫にいれておきましょう。

 

朝食の準備は温めたら完成レベルまで作っておく

朝起きられない主婦にとって朝の作業をいかに減らすか工夫することが大事です。

万が一朝起きられなかった場合でも秒で食事を出せたら凹まなくて済むし、寝坊しなかったら時間を有効活用できます。

その為には夜に朝の支度をしておくことが重要ポイントです。

  • 朝食で食べるサラダは予め食器に盛ってラップをして冷蔵庫にいれておく
  • みそ汁は具材も味噌も入れて温めたら出せる状態にしておく
  • ご飯は前日にセットして食べる時間に炊きあがるよう予約しておく
  • おにぎりを作る場合は予め握って冷蔵庫に入れておいて朝チンして食べる
  • ヨーグルトはカップタイプのものにするか、予め器によそっておく

このように、朝は起きてチンして出せる状況、あるいは簡単な調理だけで済む状況まで段取りしておきます。

できるだけ朝の負担を減らすことを心がけていきましょう。

 

ほとんど調理がなくても大丈夫なメニューを選ぶ

手の込んだ朝食を作る場合は前日の準備が必須になってきますが、そもそも調理しなくて済む食事を提供するのも手です。

  • 牛乳かけたら出来上がりフルーツグラノーラ
  • ヨーグルト
  • スムージー
  • 納豆
  • 卵かけご飯

以上の4点が例です。

もちろんこれだけだと栄養が偏ってしまうのであまりよくないですが、超寝坊した時用に買っておくのも手です。あるいは品数を増やす為に使用してもよいでしょう。

 

 

早起きできない主婦なりの対処方法を考える

朝が弱いなら朝の作業量を減らす努力をしましょう。

朝が強い弱いは人それぞれですので、朝が苦手だからと言って悪妻ではありません。

早起きできないならできないなりの対処を考え、毎日の家事を楽しくこなして行きましょう。

 

スポンサーリンク


About

No Comments

Leave a Comment