夫婦喧嘩勃発!?誰か教えて!尻のサイズ比較は実寸か比率か?

Pocket

スポンサーリンク

※今回は相当下らない内容ですがお付き合い下さい。

 

 

我々夫婦の会話で日常的に議論されている事があります。

 

 

それは

 

 

夫と妻どちらのケツがデカイか問題

 

 

はい、今ページを閉じようと思ったそこの君、待ちたまえ。

 

我々夫婦は真剣にこの問題について議論を重ねています。

 

そこでぶち当たった問題は、ケツのサイズを比較する時の定義がわからないという問題です。

 

今回はケツのサイズを比較する時、何を基準にすれば良いのか2つ定義が出ており、その2つのどちらの定義が正しいのかはっきりしない限り、我々夫婦は死ぬまで議論を重ねそうな勢いなので、賢いみなさまのアドバイスが欲しいと思ってこのブログをしたためました。

 

 

 

 

夫婦喧嘩勃発!?誰か教えて!尻のサイズ比較は実寸か比率か?

 

定義1:実寸がデカイ方がケツがデカイ説

 

平均的な日本人のヒップサイズは男性が88.1センチ女性が86センチなんだとか。

 

我々夫婦のピップサイズは、夫が94センチ私が91センチ

 

どちらも平均を大きく上回るケツデカ夫婦であるということがうかがえるだろう。

 

ヒップサイズを見てもらえれば一目瞭然で夫の方が3センチ大きいということがわかっていただけます。

 

実寸がデカイということは、見た目がデカイということでしょう!

 

となればケツがデカイのは夫の方ですよね?

人のことケツデカイとか言っていいんですか?という話をしていたら反撃されました。

 

 

定義2:身長に対してケツの比率大きい方がデカイ説

実寸が大きい方がデカイ説を述べたあと、夫がその説を覆す発言をしてきました。

 

「同じ身長じゃないのに理不尽だ!!!!」

 

彼曰く比率で出すのが比較する最も良い方法なのではないかというのです。

 

ちなみに比率で出す場合は下記のようになります。

夫 94(ヒップサイズ)÷170(身長)=0.55……

妻 91(ヒップサイズ)÷152(身長)=0.59……

 

 

ぐぬぬ、私が負けている・・・・・

 

確かに身長が20センチ近く違う人間を比べると、サイズが違ってて当然のような気もします。

 

 

まとめ

ケツのサイズを比較したいなら実寸か、それとも比率か・・・・。

 

見た目でみると実寸がやはりものを言うと思います。

パッと見た感じ夫の方がデカいですもん。それはもう野球選手のケツに負けず劣らずのサイズ感ですよ。

 

しかし、確かに身長差があるのも事実。

そうなると比率の方が正しいのだろうか?

 

考えれば考えるほどどちらの定義が正しいのかわからない。

このままでは死ぬまで小競り合いを続けてしまいそうです。

 

どなたか我々にアドバイスください。

スポンサーリンク


About

No Comments

Leave a Comment