あなたのブログにアクセスが集まらないたった1つの理由!アフェリエイターの永野氏に聞いた話

Pocket

スポンサーリンク

ブログを運営しているのは良いけど、なかなかPV数が上がらない。

自分の会社をブログでPRしたいけどやり方が分からない。

ブログでご飯を食べられるようになりたいけど上手くいかない。

 

何か目的があり、ブログ運営をされている方にとって、ブログにアクセスが集まらないという問題は由々しき事態ではないでしょうか?

 

当ブログもブログをはじめて1年半が経過しましたが、爆発的にPV数が上がると言う事はなく、記事数が増えるにつれじわっと伸びるような、とてもブログだけでご飯を食べてはいけないレベルのブログ運営をしています。

 

 

そこで、先日愛媛県松山市にあるコワーキングスペースのマツヤマンスペースにて、

 

あなたのブログにアクセスが集まらないたった1つの理由!

 

というセミナーが開催されるとの情報が入り、光の速さで申し込みました。

 

 

超魅力的なキャッチコピーですよね!

 

 

セミナーの内容は、そらそうだ!と言いたくなるような超シンプルな内容かつ、自分のブログの問題点について指摘してもらったので、今日はその情報を覚えている限りシェアしたいと思います。

 

 

あなたのブログにアクセスが集まらないたった1つの理由!アフェリエイターの永野氏に聞いた話

 

 

 

セミナー講師の永野さんについて

 

まずはセミナー講師の永野さんって誰なのか・・・。

 

よくコワーキングスペースのマツヤマンスペースで見かける機会が多く、他のメンバーは私服で仕事している人が多い中、永野さんはいつも(たまたまかもしれんが)スーツでお仕事をされているので、一体何者なんだろう??と思っておりました。

 

もしかして大手企業のエリート営業マンで、仕事ができすぎて時間が余りまくってるからマツヤマンスペースで時間を潰しているのか?

 

それとも逆にリストラにあったことを家族に言えず、毎日スーツを着て会社に行くと偽ってマツヤマンスペースでブログの更新をしているんじゃないだろうかとか、妄想は広がる一方でしたがセミナーに行って私の間違った妄想が払拭されました。

 

 

 

 

永野護さんの正体とは、

 

 

 

 

SNSとSEO両方を操るスーパーアフェリエイターさんでした!

 

 

すみませんでしたーーーーーっ!!!!(スライディング土下寝)

 

 

そのSNSとSEOの知識を駆使して、2000人を超えるアフィリエイト塾でメイン講師をしたり、松山市議会議員選挙にてWeb選挙参謀を担当して当選に大きく貢献したりなど、とにかくすごい人っぽいぞ。

 

そんな永野さんのセミナーとはどんな内容だったのか、下記にまとめますー。

 

 

 

ブログのアクセスが伸びないのは検索した人が知りたい内容とあなたの記事がマッチしていないから

 

最初に永野さんは私たちにこんな質問をしました。

 

 

「皆さんはどういう時に検索をしますか?」と。

 

出た答えは下記のようなことでした。

  • 困った時
  • 悩みがある時
  • 調べ物をしたい時
  • 興味があって知りたい時

 

人間が検索する時は100%何かしら困っているから検索するのです!

 

 

 

 

じゃあ、その悩みに対して問題解決をしてくれるサイトにすればアクセスされるのです。

 

つまり、あなたのサイトにアクセスが集まらない理由は、読者の悩みに対して問題解決になっていないから!

 

 

 

セミナーのかなり序盤に、結論が出てしまいました(笑)

 

 

ここからは豆知識ですが、スマホユーザーはどのくらいの人が何のためにスマホを触っているのか内訳を教えてくれました。

  • 検索行動・・・・・・・・約13%
  • SNS・・・・・・・・・・約60%
  • Youtubeとかゲーム・・・残りの約30%くらい

 

こう見るとほとんどの人がSNSを見ているんですね〜。

 

 

しかし、SNSユーザーは暇つぶしをしているかリラックスをしたくてスマホを触っているだけで、困っているからSNSを見る人はいないそう。

 

 

よくSNSで広告を見かけると思いますが、困っている気持ちがあってもSNSユーザーは暇つぶしをしたいだけなのでよく見ないんだとか。

 

 

 

SNSで拡散される文章とGoogle(検索エンジン)に拾ってもらえる文章とでは、書き方も違うんだってさー。

 

 

 

なるほどな〜・・・

 

 

 

 

 

 

 

検索者と著者をマッチングするには鬼のようなペルソナがミソ

 

そうは言っても、問題解決になる記事ってどうやって作ったら良いんだよ!って問題が浮上しますよね。

 

 

まず前提として下記のことを頭に入れるように言われました。

 

  • ユーザーは記事を頭からお尻まできっちり読まない
  • タイトルとその下にあるリード文を読んで自分に関係があるか確認する
  • 最後に見出し文を見てちゃんと読むかどうか決める

 

 

全然読まねぇじゃねーかよ笑

 

 

逆に言うと、この3点を検索した人に当てはまるように書けば必要な記事だと思ってもらえるのです。

 

 

じゃあどうすれば検索した人に当てはまるような記事が書けるようになるだろうか・・・・・?

 

 

 

 

それはペルソナを鬼設定することなんだそうです!!!!

 

ペルソナとは・・・架空の人物像のことを言います。

 

例えば、このブログを読む人は、何歳の人で、性別はどうで、どんな性格で、どんな仕事をしていて、どんなことが趣味で等とっても細かく、本当にそんな人が存在するんじゃないかレベルまで人物を設定します。

 

 

 

例えば参考に見せてもらったダイエットサイトのペルソナでは

 

  • 名前(架空の名前です)
  • 性別(女性)
  • 年齢は27歳
  • OLで残業もある
  • カップ焼きそばが好き
  • 食事はコンビニ弁当で済ます
  • 自炊はしない
  • ズボラである
  • 会社の上司と不倫関係にある
  • 暴飲暴食はするけど痩せてはいたい
  • 晩酌が大好き
  • ・・・・・・・・・・・etc

 

本当はA4のコピー用紙2枚分くらいがいっぱいになる程、細かく設定があったのですが全てメモれず・・・。

 

どんな人物なのか、明確にイメージできるくらい本当に細かく細かく書かれてありました。

 

 

ちなみにこのペルソナを設定する上でどんな人物像か想像できない時「有名人データベース」と言うサイトを利用すると良いとのことでした。

 

検索窓に情報を書き込むと、いろいろな有名人の性格や人生を覗けます。

それをヒントにしてブログ記事を考えてみるのも手ですね!

 

 

 

さて、この太った不倫OLさんを対象にしたダイエットブログのタイトルはどうなるのか・・・例で出されたタイトルは・・・?

 

 

カップ焼きそば好きのOLでもダイエット可能!クリスマスまでに確実に5キロ痩せる方法

 

カップ焼きそばが好きな人は、おそらく自分で料理する時間がないか、料理することが面倒なズボラタイプ

女子。

 

そして「カップ焼きそばを食べても痩せられる」と言う文言に響く人は、他のカップ麺でも、カロリーが高くて体に悪そうなコンビニ弁当でも、お酒でも、暴飲暴食をしている人(属性が同じ人間)に引っかかります。

 

OLというと、当然女性だとわかるし、クリスマスまでと具体的な時期を言ったり、何キロ痩せられるのかも具体的な数字で指定するとイメージがわきますよね。

 

 

 

 

じゃあその下のリード文はどうするのか?

リード文はまるまるメモできなかったのですが、こんなことが書かれていました。

 

まず、太りたくない理由って何なのか。

主人公のOLは上司と不倫している設定なので、男に捨てられたくないですよねーって理由ですよね。できれば綺麗でいたいと言う女心ですよ。

 

 

でも、料理するのは面倒だし、カップ焼きそば好きだし、お酒も飲みたい・・・。

 

 

暴飲暴食はしたいけど、フラれたくないと言う矛盾を叶えたいんだよね!できるよ!このブログを読めばっ!って内容(だったと思います)です。

 

 

そしてリード文を書く上で重要なのが、上記で出したペルソナをできるだけリード文にはめ込んでいくことです。

 

例えば、仕事が忙しくて残業ばっかりだよーとか

彼氏が最近相手してくれないよーとか

今27歳で、20代前半の時に比べて痩せにくくなったよーとか

 

今こういうことで困ってるんだよね!って内容を細かく書いていくことで、「あれ?これって自分に当てはまるかも」と思ってもらいやすいんだとか。

 

このリード文で自分ごとに思われることが重要!

 

 

 

これは永野先生もおっしゃっていましたが、リード文で27歳と断定しちゃうと、27歳の人にしか響かないんじゃないかと思ってしまう問題についてですが、そんなことはありません!!!

 

 

むしろ、25も26も28も29も30も、似たような年齢の人に響くそうです!

 

だから安心して細かい設定をリード文にぶち込むが良いと言っておりました。

 

 

なるほど、勉強になります!

 

 

9/4永野先生から直々に補足をいただきました!下記文章です!

補足をすると、ペルソナを絞り切るのは

・書き手は記事を届けたい相手がはっきりする

・読み手は困っているシチュエーションが具体的なので検索で見つけやすくなる

お互いにWINWINの関係になることを目指しています。

テクニックというより「人としての思いやり」が大切です(^^)

 

 

 

 

 

見出しはどう攻めていく?

 

この場合の見出しは、カロリーの低いカップ焼きそばの紹介や、太りにくいコンビニ弁当の紹介、それからデブになりにくい酒のつまみなんかを紹介すると良いとのことでした。

 

確かに、暴飲暴食をしながら痩せると言う点で、タイトルと一致してますよね。

 

さらに収益をうみたいなら、さらにこのサプリを飲めばむしろ痩せる!みたいな文言つきで誘導するんだとか!(さすがアフェリエイターやな!と思った。)

 

 

 

 

参考サイトを見てみよう

 

さて、永野先生が作られたサイトについても教えてもらいました。

 

「猫 軟便」で検索すると上位表示されるサイト「シニア猫向けのおすすめキャットフードはコレ」

 

このサイト名が既にペルソナだなぁと感心・・・

 

シニア猫を買っている人のための、シニア猫にオススメのキャットフードに絞った記事を書いているんだもの・・・超絞っている。

 

しかもこの狭いジャンルの中に、記事が約200記事もあるんだとか!

 

1年で書き上げたとか言っていたと思います。すげー

 

 

 

個人の人で勝つためには、ここまで絞った記事を書いていく必要があるんだとか。

 

 

 

どこまで絞っていくかは、検索した時に検索ボリュームというのがでます。

 

例えば「ダイエット」で検索すると約2億4100万件もサイトがあるんだとか!

 

 

ところが先ほどのOLを例に「カップ焼きそば好きのOLダイエット」とすれば、検索件数は大幅に減り9万500件になります。この狭い範囲で戦うことで検索順位をあげることができるんだって!

 

 

当然、検索結果が上の方に表示されるとたくさんの人に見てもらえるよねって話です。

 

 

 

 

まとめ

 

アクセスが集まらない理由は問題解決の記事になっていないからということがわかりました。

 

どうすれば悩みが解決するか方法を教えてくれないとユーザーには響きません。

 

そして、ユーザーは流し読みをしてブログを読むか決めます。

特にタイトル文、リード文、見出しでしっかりペルソナで決めた人物像を描くことで自分のことのように感じてもらい、必要なブログだと思ってもらいましょう!

 

最後に実際にペルソナで人物を設定してタイトルとリード文を書くワークショップをやりましたが、こいつがまた参考になりました!

しっかり添削もしてもらえて、自分はまだまだペルソナを詳細に描けていないぞって分かったので本当に行って良かった。

 

 

セミナーの最後に、「あ、あそこに座っている人、私の兄です!」と、突然お兄さんの紹介。

以前参加した別のセミナーで先生をされていた方だったのでびっくりしました。(そういえば同じ苗字やわ)

 

どうやったらこんな優秀な息子が二人もできるのか、今後のために永野家のお母さんとマブダチになりたいと思うのでした・・・。

スポンサーリンク


About

No Comments

Leave a Comment