生後0カ月の赤ちゃんのワンオペ育児って?授乳時間やうんちの回数について

Pocket

スポンサーリンク

私は長女を出産し、退院後は実家で実母の世話になりながら暮らしておりました。

 

 

ところが、産後里帰りをして1週間が過ぎた頃、

 

母方の祖母の体調が悪化し母が介護しに行くことになったため、私は夫と暮らす家に帰ることになりました。

 

 

生後0カ月の娘を、ほぼワンオペ状態で育児。

 

 

これから出産する人の中には、親が遠方に住んでいたりなどで産後誰にも頼れない人もいるでしょう。

 

 

 

そんな方のために、産後0カ月の赤ちゃんを一人でどうやって見たのかメモしておきます。

 

1つでも使えそうなメモがあれば嬉しいです!

 

 

 

目次

  • 生後0カ月の赤ちゃんの1日とは
  • 0カ月のワンオペ育児を乗り切るアイテム
  • 生後0カ月の授乳回数とは?夜は眠れる?
  • 回数が多くても驚かないで!新生児はエンドレスうんこ地獄です

 

 

 

生後0カ月の赤ちゃんの1日とは

 

 

 

生後0カ月の赤ちゃんの1日を記録したアプリ画面を見て下さい!

 

 

 

私は授乳ノートというアプリで授乳時間や排泄回数管理をしています。

 

何も入力されていないところは、寝てると考えて下さい^_^

(お風呂も入力していませんが大体15時頃に入れていました)

 

 

ざっと見ると1〜2時間おきに授乳している感じでした。

 

 

うちの子は新生児の割にはよく寝る子で、調子が良ければ4時間くらい寝てくれることもしばしば。助かる。

 

 

大体夜間は0時、2時、4〜5時の3回くらい目を覚まし、授乳していました。

 

 

うちだけかもしれませんが、授乳後おしっこやうんちをするのでオムツ交換をします。

 

そうするとお腹が圧迫されるからか(?)、オムツ替えの後は必ずと言って良いほどしゃっくりをしていました。

 

しゃっくりを止めるためにまた少し飲ませたりと、、、

 

まとめて寝てくれるかわりに一度起きたらものすごい作業量でなかなか眠らせてもらえないパターンでした。

 

 

 

昼間も2〜3時間おきに授乳。

オムツはしょっちゅう交換していたのでオムツかぶれしてしまい、お尻が真っ赤に。

 

 

お尻拭きをやめて、お湯で拭くようにしたら良くなりました。

後は綺麗なお尻の状態でワセリンを塗っておくと良いそうです。

 

 

やはり新生児は昼夜の区別がついていないので、1〜3時間おきに何かしらで泣かれます。

ずっとつきっきりなので慣れないうちは大変でした。

 

 

 

0カ月のワンオペ育児を乗り切るアイテム

私の場合は、やむ終えない理由で退院後1週間で里帰りを切り上げ自宅でのワンオペ育児になりました。

 

 

0カ月赤ちゃんは基本外出しません。

よって母親も外出できる感じじゃなくなります。

 

 

昔なら絶対無理ゲーでしたが、今の時代利用できる便利なサービスがたくさんあって何とかワンオペ育児を乗り切ることができました。

 

 

ここでは、利用させて頂いたサービスをまとめておきます。

 

 

 

ネットスーパーとアマゾンは何でも揃うワンオペママの希望

新生児が家にいるとなかなか外出できません。

 

我が家のように、日中は夫が仕事でいなかったり、近くに両親がいなかったりすると、買い出しに行けず困ったなんてことも。

 

 

そこで!

食材やおむつ等の赤ちゃん用品は専らネットスーパーを利用しておりました。

 

うちの管轄だと、イオンのネットスーパーが我が家に届けてくれるので、配達員のおじさんと仲良くなるくらい毎週利用させていただいています。

 

イオンの場合は5,000円以上買うと送料が無料となります。

15時までに注文しておけばその日のうちに届けてくれるので、急ぎ必要な物がある場合はとても便利。

 

 

イオンネットスーパーのWebサイトはこちら

 

 

私は利用していませんが、生協も自宅まで届けてくれるので便利です。

 

特に妊娠中の方や小さいお子さんがいる家庭には配送料が無料になったりと、子育て割引があるので子育て中の方にはおすすめ。

 

ただしネットスーパーと違って、決まった日に配送になるようです。

週に一回まとめ買いする時は生協を、急に「あ!トイレットペーパーがない!」なんて時にはネットスーパーを使うなど、使い分けするのもありかと!

 

 

さらに、急ぎじゃなくて、ネットスーパーに売ってないものは全てAmazonを利用していました。

 

プライム会員になるとお急ぎ便を利用して大体翌日には届くし、配送料も無料になるのでありがたいです。しかも月額500円ですよ。

 

 

おむつやお米など、定期的に絶対必要になるものは、定期便も利用できます。

定期便にを利用すると物にもよりますが5%〜15%ほど値引きしてくれるので、費用がかさむベビー用品(消耗品)を購入するにはもってこいですね。

 

 

 

 

夜中のしんどい授乳は液体ミルクに頼るのも手

我々令和ベビーを持つママにとって、とっても素敵なアイテムが最近登場しました。

 

はい、そうです。液体ミルクです!!!!!

 

 

我が家では産まれる前から液体ミルクを買いだめしておりました!(夫が)

 

粉ミルクだと、

  1. 哺乳瓶に少量の湯を入れる
  2. 粉ミルクを必要分いれて溶かす
  3. 分量分のお湯を注ぐ
  4. ふたをする
  5. 水で冷ます

 

という結構な作業量がありますが、液体ミルクだと

 

  1. 哺乳瓶に液体ミルクを注ぐ

 

の1工程しかありませんので、(常温でオッケーなので冷ましたりあっためたりする必要はない)秒で授乳することが可能。マジ神です。

 

 

夜中の授乳は、こちらも眠たくてしんどいのに、容赦なく泣かれます。

なるべく早く終わらせて寝たい!そう思って当たりまえ。

液体ミルクはとにかくパッと飲ませられるので本当に便利です。

 

 

我が家の場合は、新生児のちょっとしか飲まない間は125mlの紙パックでグリコから発売されているアイクレオを愛飲していました。

 

最初は多くても80mlくらいしか飲まないので、余った分はラップをして冷蔵庫で保存。

なるべく早く飲みきるようにしていました。

(これは、自己責任でやって下さいね!)

 

 

さらに量を飲むようになってきたら明治のほほえみ(240ml)にチェンジしました。

あんまりミルクは買えない方が良いと言われましたが、うちの子は気にせずグビグビのんでくれてます。

 

 

お金があれば粉ミルクなんて使わずにずっと液体ミルクを利用したいところですが、液体ミルクはコスパがめちゃくちゃ悪いです。

 

なので、外出時や夜間のしんどいとき、パパが育児をする時など限られた条件で使用していました。

 

たぶんもっと時間が経過して、他の会社も液体ミルクを作る様になり、液体ミルクが主流になるまでなかなか安くならないだろうな〜。トホホ。

 

 

 

 

自炊にこだわり過ぎないで!しんどい時は出前やお惣菜、冷食もオッケーとする

働いていないと、

「自炊しなくちゃ」

「掃除しなきゃ」

「洗濯もやらないと」

などなど、家でぐーたらしてると思われたくなくて色々頑張っちゃう人もいると思います。

 

 

でも、産後間もないこの時期はさぼったって良いのです。

慣れない育児と産後の体であれもこれもやるのは無理ですよ。

 

 

というわけで、産後0ヶ月の間は時々出前を利用していました。

dデリバリー など全国各地で利用できる出前サイトを利用しました。

 

docomo系列のサイトだと思うのですが、docomo以外の方でもスマホで簡単に注文できるしポイントも溜まるので、何度か利用するならお得に利用できます!

 

 

 

それから、最近は冷凍食品やレトルトでも、ちゃんと健康を考えて作られている物もあります。

 

ネットスーパー以外に旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」という通販サイトを利用するのもおすすめ。

 

 

 

冷食はちょっとという方には、予め献立を考えて食材を配送してくれるサービスもあります。

【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】

おためしもあるので、安心ですね。

 

 

数ある家事の中で一番大変なのが料理ではないでしょうか。

一日3回人数分の食事を作るというのは結構大変です。

 

 

なので楽できるところは楽しちゃいましょう。

夫の弁当もこのときばかりは作らなくたって良いではないか。

 

 

 

 

家事は適当でもええじゃないか!掃除はルンバ、洗濯は洗濯機に任せて手抜きせよ

産後間もない0カ月の間はお母さんも何をするにも大変な時期です。

 

産前と同じように掃除や洗濯など家事をこなそうとしてもできない事の方が多いです。

 

そんな時は無理して全部やろうとせず、家電に任せるのも手です。

 

勝手に掃除してくれるルンバや、乾燥までやってくれる洗濯機があります。

 

お金に余裕があるなら家電に頼るのも良いと思います!

 

 

家事代行サービスを利用するのもあり!

家電買うお金がないなら、家事代行サービスもおススメです。

 

一般の企業さんがやっている家事代行サービスもありますが、行政が子育て応援ヘルパーという形で人を派遣している場合もあります。

 

家電を買うより手の届きやすい価格でお願いできます。

行政だと(地区や課税状況等によって違いますが)1時間1000円とかでやってくれるのでありがたやですね。

 

 

赤ちゃんがいると、いつもどおりの家事をすることすら至難の業です。

 

とくに産後0ヵ月のこの時期は、家事なんてさぼりにさぼって良いです。

 

てかそうでもしないと体が持ちませんよ!

 

 

 

夫協力は必須!夫をイクメンパパ育てる!

産後0ヶ月をワンオペで乗り切るには、夫の協力は必須です。

 

書いてて思った。

「あれ、夫が協力するならワンオペじゃなくね?」

 

いやいや、夫が仕事に行っている間はワンオペなわけで、夫が帰宅しても育児は続く訳です。

 

産後0ヶ月のこの頃、何もかも自分でやろうなんてのは無茶ですよ。

授乳とおむつ替えだけで一日が終わります(マジで)

 

うちの夫も、朝は7時30分に出勤し18時30分ころに毎日帰宅していましたが、ほぼ毎日洗濯してくれたり、食器洗いしたり、育児したりと何でもやってくれたので、家にいる間はかなり休めました。

 

指示しなくても家事育児ができる人もいれば、こちらが徹底的に指示しないと何もできない人もいると思います。

 

男性に「察して欲しい」は通用しないので、やって欲しいことはリスト化して見えるようにしておくと良さそう。

 

そしてしてもらったことに対しては決して文句を言わないことです。

最近は夫がやってくれた家事に文句を言うことを「家事ハラ」というそうですね・・・。

 

文句を言えばもう二度とやってくれなくなりますよ〜。

洗濯物のたたみ方が雑でも、食器の洗い方が甘くても我慢です。

一言「ありがとう、助かったわ」と言えばまたやってくれるでしょう。

 

 

 

 

 

生後0カ月の授乳回数とは?夜は眠れる?

うちの子の場合は、2時間に1回ペースの授乳でした。

 

母乳があまり出なかったので、ほとんど完ミ。深夜の調乳が辛かったです。

 

夜は23時、2時、4時/5時、に起きる感じだったのでまとめて寝る事は難しく、赤ちゃんに合わせて昼間も寝ていました。

 

夜は、粉ミルクで対応することもありましたが、液体ミルクに頼ることもありました。

注ぐだけなので、深夜(ご近所迷惑にならないか不安ですよね)の授乳にとっておきですよ!

 

 

 

回数が多くても驚かないで!新生児はエンドレスうんこ地獄です

新生児はミルクを飲むとすぐうんちが出るみたいで(うちの子だけかもしれませんが)

 

①授乳→②うんち→③しゃっくり→④おっぱい→⑤うんち→③にもどる・・・・

 

エンドレスうんこ地獄に陥っていました。

一回授乳が始まるとなかなか眠れなくて辛かったですね〜。

 

でも、辛いのはこの1ヵ月だけで、2ヵ月目からは4時間くらい(多い時で9時間)まとめて寝てくれる様になったので一瞬でした。大変だけど乗り越えられます。

 

 

 

まとめ:産後0ヶ月のママは休む時

出産して間もない0ヵ月の間、我々ママがやることはとにかく休む事が仕事です。

 

家事、少々やらなくたって死にはしません。

 

手を抜けるところは抜く、家電や家事代行サービスに頼れるところは頼る。

必要なものはネットで購入し、夫にも協力を仰ぎましょう。

 

慣れない育児の合間、休むことすら難しいかもしれませんが、赤ちゃんが寝ている間に一緒に寝て下さいね。

 

しっかり休んで、楽しく育児やりましょう!

スポンサーリンク


About

No Comments

Leave a Comment